賃貸で使われる特殊な言葉

賃貸の契約時に使われる敷金、礼金、更新料という言葉について、それぞれ詳しく解説をしています。

賃貸で使われる特殊な言葉

賃貸で使われる特殊な言葉

賃貸を契約するときには特殊な言葉が使われますので、ここではそういった言葉について説明をしていきます。賃貸物件を利用するときにはこういった言葉を理解しておかないと、どういった契約なのかがわかなくて困ってしまうことになってしまいます。よく使われるのが敷金、礼金、更新料といった言葉です。これらについて以下に解説をしていきます。

まずは敷金というものですが、これは物件を利用する借り手が貸し手に対して支払うもので、賃貸料の担保として払うものです。貸し手はこのお金で滞納などがおこったときに備えておくのです。そのため、利用者が退去をするときには、全額が返済されるというのが原則となっています。ですが、現状ではこの敷金が全額返済されることはほとんどありません。というのは、退去の時には部屋をクリーニングするなどして、きれいにして戻す必要があるのですが、その費用にこのお金があてられるからです。ですから、その費用を引いて残った金額が退去時にかえってくることになります。

そして、礼金というのは借り手が貸し手にお礼として払うお金です。そのため、退去時に戻ってくるというようなことはありません。更新料というのは、契約時の年数をこえて物件を利用するときに必要とされるお金ということになります。